不眠のタイプ別!心療内科受診のポイントを紹介

不眠のタイプ別!心療内科受診のポイントを紹介

なかなか寝付けない入眠障害タイプ

早めに布団に入っても、寝付くまで時間がかかり結果、不眠となってしまうタイプです。寝付けないことが続くと、それ自体がプレッシャーとなり、さらに寝付けないという悪循環に陥ることもあります。寝付けないことが続くとストレスも高まります。日中にぼんやりする、イライラするという症状があれば心療内科を受診してみることがおすすめです。日常生活での注意点や入眠のためのリラックス法を教えてもらうこともできますよ。

睡眠の途中で目が覚める中途覚醒タイプ

深夜に睡眠の途中で目が覚めてしまうタイプです。睡眠が断続的になるので、総合的な睡眠時間が長くても、満足感が得られないという人も多いでしょう。途中で目が覚めてしまう人の多くは、尿意を感じて目が覚めることがあるようです。睡眠前の行動を見返して、水分を取りすぎていないか、利尿作用の高いものを飲んでいないかを確認してみても良いでしょう。日常生活を見直しても中途覚醒が改善しない場合は、心療内科を受診することを考えても良いでしょう。

早朝に目がさめてもう一度寝付くことができないタイプ

日が昇らないうちに目が覚めてしまう早朝覚醒タイプです。すっきりと目が覚めていれば良いのですが、なんとなく頭が重たい、吐き気がするなどの体調不良を伴う早朝覚醒は辛いですよね。心理的なストレスが高まっていると、早朝覚醒が起こることも多いようです。自覚するようなことがなくても学校や仕事などで知らず知らずのうちにストレスを抱えてしまっているのかもしれません。自分でも気が付かないストレスを見つけるためにも心療内科の受診はおすすめです。医師との対話の中から、自分でも気が付かなかった悩みに苦しめられていることがわかることがありますよ。

岡山の心療内科は岡山市に住所を持つ心療内科クリニックで、市内の患者さんなどに診療を提供している病院です。