心療内科に通うなら知っておきたい治療方法

心療内科に通うなら知っておきたい治療方法


心療内科で行う治療とは

診療内科で行われている治療は基本的に投薬治療です。患者の話を聞いて問題となっている症状に合わせて薬を処方します。そうする事によって問題とされている症状を緩和していく治療です。様々な薬があり患者の体質に合った治療薬を見つける事に時間が必要となる場合もあります。副作用等もありますので、医師も慎重な処方をしてくれます。カウンセリングは心療内科の医師が行うものではないので注意が必要です。

投薬治療のメリットとは

投薬治療のメリットは非常に多くあるものです。カウンセリングのように時間を必要としないで症状を抑えられるメリットがあります。決まった時間に服薬をするだけで効果に期待ができますので手間も時間も不必要です。症状が重たい時には頓服を処方してもらえるので万が一の時にも薬に助けてもらえます。投薬治療を続ける事によって治療の効果を十分に実感できている方も多く、薬の服薬を継続して精神的な症状を完治させていく方も少なくありません。

投薬治療にはデメリットもある

投薬治療にはデメリットもあるので注意が必要です。薬には副作用がありますので、時には苦しい思いをするかもしれません。しかし、そのような薬は医師にすぐに相談する事によって服薬を中止できますので不安になる必要はありません。自分の体質に合った薬を見つけるまで時間がかかる事もデメリットの一つです。その他にもデメリットはあるものですが、しっかりと症状等を主治医に伝えて相談をする事によってデメリットをなくしていく事ができます。投薬治療のデメリットは主治医の処方の腕で最低限にできます。

品川の心療内科は主治医からの説明が分かりやすく治療方針について明確にしてもらえるので安心して治療を受けられます。