心療内科で実施されている心理療法とは?その内容を解説

心療内科で実施されている心理療法とは?その内容を解説


心理療法は薬を使わない治療法

心療内科で実施される治療法は薬物療法と心理療法に大別できます。薬物療法は抗うつ剤をはじめとする医薬品で治療する方法であり、薬を使わない治療法は心理療法として区別されます。心理療法は薬物療法と異なり基本的に副作用が存在しないため、少ないリスクで実施できるというメリットを持ちます。

心理療法の具体的な内容

心理療法の中には認知行動療法、自律訓練法、交流分析などがあります。認知行動療法は心疾患を抱える方の考えと現実との食い違いに着目し、分析を行いながら面接等を実施します。日常的な行動に優先順位をつけ、無理のない範囲で他者とも関わることによって心疾患発症前の状態に徐々に近づけます。自律訓練法はマインドフルネスやリラクセーションなどと少し似ており、決まった手順で自分と向き合い頭をすっきりさせます。準備と姿勢を整えることで自分がリラックスできる形を見つけることも有効です。交流分析は、他者とお互いを受容することを通じて主体的で積極的な人間関係を構築します。対人関係を原因とする心疾患を発症している方が、病や悩みを解決する上で特に役立ちます。

心理療法は組み合わせが大切

心理療法は単独でも効果を発揮しますが、組み合わせることでより大きな効果をもたらします。心理療法のみで解決できないときには薬物療法を組み合わせることも有効となります。自己判断や見よう見まねで心理療法を実施するのではなく、心療内科医の診断を受けたうえでベストな手段を決めていくことが大切です。

心療内科を梅田で探す場合、交通の便が良く買い物ついでに行けるのがメリットです。名称もメンタルクリニックが多く、心療内科に行くのは人目が気になるという人も安心です。